哲学入門ー哲学とは何か?わかりやすく

ある神秘学徒の読書ノートであります。哲学に入門するためのブログであることを心がけて書きました。「哲学とは何か?」を理解してもらうために(そして、自分が理解するために)、わかりやすく哲学入門書や哲学書を要約していきました。

10分間日記

散髪

投稿日:

今日は美容院にいってきた。
前回と同じところ。


いままで微妙なところが多くて、ふらふらと様々なところを試して見たけれど、今日行ったところはとてもいい感じに仕上げてくれる。

アラサーになるとワックスガチガチでは恥ずかしい。
だからといってオールバックや七三分けにしてベタベタな髪の毛もいやだ。

そんな難しいお年頃に丁寧に対応してくださり感謝である。

整髪剤は、オイル系(バームやポリッシュオイル)のものを使ってくださり、自然にゆるーい髪の毛になった。

最近は期日のある仕事に追われている(しかも奇跡が起こらないと間に合わない。奇跡を起こすぜ!)(なのに髪の毛を切って毎日ウエイトトレーニングをしている)ので、明日のためにもう寝よう。

よい夜を!

-10分間日記
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

西田幾多郎の入門書 序章

昨日下半身のウエイトトレーニング方法をならった。今までは一日おきにジムにいっていたのだけど、これからは上半身を鍛えた次の日は下半身を鍛えるというように毎日通えることになる。

シュタイナー「四季とその祭り」

ちくま文庫のシュタイナー『魂のこよみ』に収録されている、「四季とその祭り」を最近読んだ。なぜ、冬の祭りであるクリスマスは12月25日というように、地上の時間によって決まっているのに対して、春の祭りであ …

西田幾多郎の入門書 純粋経験 10分間でまとめる 2

藤田正勝『西田幾多郎−生きることと哲学』の第二章「根原に向かって−純粋経験−」をまとめていこう。きちんとやろうとすると、長い時間がかかってしまう。10分間の日記だし、行き当たりばったりにまとめていきた …

ウエイトトレーニング下半身

西田幾多郎の入門書(『西田幾多郎−生きることと哲学』)はとても読みやすくて、電車の中でもスラスラと読めてしまう。だから、早いうちにまとめて(アウトプットして)おかないと。休日にやろう、とか思っていると …

誤謬について カントと合理主義者

今日もドゥルーズの『基礎づけるとは何か』からの話題だ。17世紀の合理主義者とカントとの比較。17世紀の合理主義者からすれば思考それ自体はその本性において正しいのである。したがって、正しい方法で思考を用 …